自分が見えてない人は多い

  • 2018.04.28 Saturday
  • 08:07

見えてるようで見えてないのが自分。
これは気をつけてないと シャレにもなんにもならなくて
場の空気が凍ることって けっこうあると思う。

 

まだ自分は イケてるよね。とまあこんなことを思う場合 大抵はアウト。
まだ と枕詞のつくものは ほぼもう アカンってことで
潔く認めた方が案外カッコよかったりもする。

 

世の中を騒がせる笑うに笑えない話も 大半は自分が見えてないから。
こういうの殆どは 若さに価値を置いてることから起きることなのかもしれないね。

 

多少のヒガミも込めて言うなら 若さは決して万能ではない(笑)
可能性ってことで言うのなら確かにその角度は広い。
変化率もオッサンよりは大きいのだろうけれど これとて 人によるので何とも言えない。
自分からしたら誤差の範囲くらいと少々見栄張って言い切ってしまえるくらいのもの。

 

自分を客観的に見るのはどうしたって無理がある。
どうせなら無防備な時の横顔や後ろ姿をスマホで撮ってもらったら
言葉はたぶん いらない(笑)

 

反対に言葉を失う人って意外に多いんじゃないかと。
ワハハだけど 当然 自分のことはタナに上げて言ってるんだけどね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM