それでも見てしまう

  • 2019.01.06 Sunday
  • 08:06

アメリカのテレビドラマ
よその国の描き方が ひどくいいカゲン。
中東系の人は なんじゃこりゃ と怒るだろうな。
という描写が本当に多い。

 

自分は日本のことしか分からないけど ドラマに登場する日本の人物の名前がまるでデタラメ。
更に 一見 日本の風景かと思いきや 思いっきし
なんちゃってニッポン のような場所がかなりたくさん。
まあそんなもんだろうとは思う。

 

アメリカ以外の国は 行きたくなくなるようなストーリーが結構あって
これもアメリカンファーストってことなのかな(笑)

 

ロシアやヨーロッパ各国 そして中近東の国々も
それぞれドラマや映画を作ってる。
多分 そのまんま裏返し的なのを作ってるのは想像に難くない。

 

タブン世界中 超イイカゲンで他国を描いてる。
天国の黒澤監督が見たら 手ぇ抜くんじゃねー。と あきれちゃうかもね。
まあ国益重視はどんな分野でも働く心理かも。

 

アメリカドラマ ちょいケチつけちゃったけど それを差し引いても
確かにおもしろいものをたくさん作ってるよね。
なんだかんだいいながら やっぱ見ちゃうもんな(笑)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM