セピアの風景

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 08:03

小さな頃の食卓の風景。
毎日毎週 ずっと子どものまんまで
これが続くことに当時は疑いを持つことはなかった。
気付けば親はいつしかいなくなり
今度は役回り立場を変えて 今が続いてる。
どんなことも その場面 場面は
その時には分からないだけで かけがえのない時間。
愚かにも過ぎて分かることばかり。

 

今 自分のやってる店も 幾人かの人の記憶に残るのかな。
欲を言えば そうであって欲しい部分と。
いやいや 人の歴史のその殆どはいなくなって数年
数十年の内にセピアに薄れて
いつしか忘れ去るのが自然ってことなのかもしれない。
タブン それでいいんだよね。
毎日 毎時 そして毎瞬
隣りあわせて生きてることに感謝です。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM