コーヒーも味は千差万別

  • 2019.04.15 Monday
  • 11:00

ひと口にコーヒーと言っても 味はさまざま
産地が違えば 本当に同じコーヒーなのかと疑うくらい その
風味もコクも味わいも 全てが違う。

 

ひと頃 最高に良いと言われた ブルーマウンテン。
実はこれはランクがあって ナンバーワンのものは確かに
その味はさわやかで上品なのだけど 人によってこのコーヒーほど
評価がバラバラなのも珍しいくらい。

 

このブルマンにひけをとらないのが ハイチ産のコーヒー。
香りがよく 口あたりもまろやかで このコーヒーはホントおいしい。
キリマンジャロは酸味がイヤでなければこれもかなりのもの。
更にブラジルは何杯でもいける(笑)

 

個人的にモカは大好きなのだけど 何故か 1杯でその味十分って感じ。
モカも マタリとハタリ そして品種によってその味は
モカと言っても相当にバラエティ豊か。
個人的にはグァテマラが飽きがこなくて好きな味かな

 

今アジア産のコーヒーも クオリティーがかなり高く
香りも味も相当に良いものが生産されている。
俄知識というか 知ってるのはほんの少しだけど
ラオス、タイのチェンライのコーヒーは風味豊かで何杯でも飲める優れもの。
どこかで見かけたらトライしてみてもハズレはないかなあと。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM