宝石はワクワクするね

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 08:12

一般的によく使われる宝石等の重さを示すカラット。
これは1グラムの宝石で5カラットということに。
0,2グラムで1カラットの方が分かりやすいかも。

 

宝石は大きい程に値段は 二乗に比例するのが世界的な基準。
一般的なものより重さが2倍だと 価格は4倍
重さが3倍だと 価格は9倍。
これらがおおよその見当になるんだそう。

 

宝石は小さな石は見かけよりはかなり安い価格で
現地でも取り引きされてたりする。

 

あまり知られてないんだけど 宝石の王様のダイヤモンドであっても
濃い赤の大きなルビーは そのダイヤよりも遥かに高い。
と言うか それくらい大きなルビーは希少ってことみたい。

 

元々宝石の価格は 美しさ、耐久性 そして稀少性で決められているのだけど
それにプラス4つのCで大幅に変わってくる。
カラット(重さ) カラー(色) クォリティ―(透明度や内包物 そしてキズの具合)
それに重要なのが カット
後これらの見極めは なんと言っても 現物 いわゆる本物を
たくさん見ることに尽きると言われてる。
宝石はなんでもありの世界。
それだけ怪しい部分があっても やっぱり人を引きつけるよね。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM