暗さと軽薄さと

  • 2020.02.09 Sunday
  • 08:16

最近 イギリスのドラマを何本か見て感じたこと。
サスペンス 事件物等どれをとってもシリアス。
そして重いのがホント多い(笑)
内容はリアルっぽく筋書きは緻密でかなり高度といっていいか
どうか分かんないけれど ぐいぐい引き込まれるものが
たくさんあるような感じ。
おもしろいものがかなりある。
ただ いかんせん暗い(笑)

 

そして 描かれる街もダークな雰囲気プラス体温が
ちょい下がりそうなカメラワークだったり なんだか独特。

 

久しぶりにアメリカのCIAとかFBIを舞台にしたのを見ると
超カルく感じてしまう。
テンポもノリも やや軽薄な空気で描かれてるものが多くて
これはこれで 肩肘張らずで楽しめるけれど。

 

暗い題材も先のイギリスと比べれば やはりどこか軽いし
都合の良いストーリーが多い(笑)
やはりお国柄ってどんなものにも反映されるんだね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM