積もる記憶

  • 2020.06.09 Tuesday
  • 08:21

穏やかな夕暮れと たまに吹く風
この時間は本当に気もちいい
そして体にエネルギーが充電するかのごとく軽くなる。

 

当り前のような景色は やっぱり当り前ではなく
ほんの3ヶ月前くらいの絶望的な空気を思えば尚のこと。

 

この風で ふと ゲットアロング前の花壇で舞踏家の方に
舞うというか 実演してもらったことを思い出した。
アメリカのアレン ギンズバーグさんが絶賛したというその舞い。
正直なところ自分にはあまり意味が分からなくて
ポカンと口半開きでながめてた思い出がある。
それでも なんだか不思議な時間であったのは確か。

 

ここの土地の気がホント気もち良くて 舞ってる間中
地の気 天の気 そして樹々植物のエネルギーと
無心にたわむれることができた というような言を頂き
半分お世辞はあるにしても それを聞いて自分もうれしかったのを覚えてる。

 

昔から いろいろ変わった方 才気あふれる方々を含めたくさんの人が来られ
この地に記憶が積もってる気がするんだよね。
いつもこの時期 渇いた夕暮れ時の風が吹くと
ふっといろいろなことが浮かんできたりする。
時にはこんなボーッとした時間もいいかな。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM